ツイッター
インスタグラム
ブログ

Top > Column 連載コラム > carnet 207

Carnet 207

Ginza Shop open & party Part –3

銀座ショップのオープンとパーティ その3

5月末から6月の初旬にかけて、ミッシェル社長とデザイナー、マリー・クリスティーン・ドルネル氏と共に東京に出張した私ですが、リーン・ロゼ銀座オープン記念パーティのその後について、写真でご報告します。

リーン・ロゼ銀座のショップは、オープンしてから大変人気が高く、数多くのお客様がご来場くださり、売上も上昇しています。
ショップをオープンするまでには多くの苦労がありましたが、結果から言えば、「銀座にオープンできて本当に良かった」と、オープンに携わったメンバー全員が、現在そのような気持ちになっています。

連載コラム写真
パーティの後で、六本木にある鉄板焼きレストランで夕食会が行われた。美味しい食事をいただきながら、今後のビジネスについて色々とお話することができた。(手前右から、ドリームベッドの小出社長、ミッシェル社長、マリーさん、私、後ろ右から、海外課の責任者江口さん、ロゼクラブの責任者村上さん、ドリームベッドの工場の責任者高橋さん。)
連載コラム写真
帰る前に、フランスの皆さんから「沖縄料理を食べたい」という希望が出たので、沖縄料理専門のレストランに出かけた。マリーさんにとって沖縄料理は初めてで、とても美味しいと言っていました。
 
連載コラム写真
私はスイスへ帰る前の日はフリーでしたので、東京の親友にとても面白い、野菜を中心にしているレストラン『農家の台所』に連れていってもらった。壁にはその野菜を作った農家の方々のポスターが貼ってあり、とても楽しい、見たことのない雰囲気。
連載コラム写真
その店の名物、『カマンベールとトマトのフォンデュー』は驚くほど美味しかったです! 私も作って見たいと思いましたが、そのためには最高に美味しい、甘いトマトが必要だと思います。
連載コラム写真
面白いことに、そのレストランの入り口では、新鮮な野菜も販売されていた。とても良いアイデアだと思いました。都内で八百屋さんとレストランの併設 !
 

すっかり食べ物の話になってしまったので、先日フランスのスーパーで発見したものについてご紹介します。実は、それは日本のコンニャクからできている「しらたき」で、「ダイエットスパゲッティー」として販売されていました。
「普通のパスタより91%カロリーが少ない」と書かれてありました。(150グラム当り18キロカロリー)
しかし、それをパスタのように料理すれば(例えばトマトソース??)美味しくなるのかどうか、疑問に思いました。
最近、日本の食料品は「ダイエットフード」として販売され、その味や料理方法よりも「カロリーの低さ」のみがアピールされる傾向が強く、残念だと思います。
例えばお豆腐もスーパーに置いていますが、それは「チーズの代わりになるダイエットフード」として紹介されています。

 
連載コラム写真
「ダイエットスパゲッティー」として販売されている「しらたき」のヌードル。